サザンを聴け!

〜みんなで作る、怒涛の全曲レビュー〜
TOP | タイトルリスト | 検索フォーム | 作品追加 | 管理人へメール | HOME
[ ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 ]

某批評本に対抗して作りました(笑)。ファンのみなさんにサザン関連の楽曲についてレビュー(批評)していただき、全曲制覇を目指すコーナーです!レビュー対象は音源化されたサザン・ソロ名義の全楽曲です。これを見て聴いてみたくなるような、愛のあるレビューお待ちしています♪ディスコグラフィーとしても使ってくださいね〜(^_^)v

  • レビューを書く場合はタイトル横のを押してください。後から編集・削除も出来ます。
  • 評価の点数は100点満点です。100点以上は絶対につけないでください。
  • 作品追加は管理人しか出来ません。追加希望は「管理人へメール」からお願いします。
  • 誹謗中傷・無関係なコメント・短かすぎるコメントなどにならないよう気をつけてください。
  • その他、管理人が断りなく編集・削除することがあります、御了承ください。

Trying To Live My Life Without You(愛なき世界で)

平均 85点
歌手名嘉門雄三 & VICTOR WHEELS
発売日1982.3.21
作詞Eugene Williams
作曲Eugene Williams
編曲嘉門雄三 & VICTOR WHEELS
収録Al嘉門雄三 & VICTOR WHEELS LIVE!
解説Otis Clayのカバー曲
▼レビュー  2007/07/25 22:07  管理人 −−−−−  編集/削除

♪●◇♯♀たくさんのレビューお待ちしています♂◎◆△★♭

▼レビュー  2008/12/10 21:21  駄目男 ★★★★☆ (85)  編集/削除

レイ・チャールズが『エリー・マイ・ラブ』を歌ってから随分となるが現在アメリカではそのレイの『エリー〜』がスタンダード・ナンバーとして歌い継がれているとはあまり聞かない。
レイが『エリー〜』を採り上げカヴァーしてくれたことを流石に耳が肥えていると言いたいが実は『エリー〜』のカヴァーには先客がいた。
それがオーティス・クレイで桑田がこの邦題『愛なき世界で』が好きでカヴァーしていると聞いたクレイはその返礼として『エリー〜』をカヴァーし83年の日本公演で披露している。
『愛なき世界で』は原曲はソウルだが桑田のロック・ヴァージョンを聴いていると日本人が洋楽を歌っているのか日本語を話せる外人が自国の曲を歌っているのか錯覚するほど桑田の歌唱センスは素晴らしい。
桑田の音楽的体質は洋楽風呂に長時間浸ったあと満を持して飛び出し汗みどろのまま聴衆に向かって抜き身の姿を曝しているようで実に艶かしく逞しい。
選挙演説最終日、駆け付けた支持者に向かってミニライブでもしているような潰れた声帯が日本人離れした雰囲気を醸し出している。
この曲を収録したアルバムは桑田ファンの間では有名でも世間的には認知度ゼロではないだろうか。
選曲も今日的には全てが懐メロでヒット曲のオンパレードだが日本に数いる歌手の中でも洋楽をここまで歌いこなせる人は果たしてどれだけいることだろうか。
桑田のそれはただ歌うというパフォーマンスだけではなくどれだけ洋楽のエッセンスに肉薄できるかと世間や自分に問いかけているようだ。
映像がないのが残念だがマラソン選手がゴールした後に息せき切って即、ライブを慣行したかのようで、その気だるさが却って歌に魂を込め聴く者を魅了する。
あとは1日も早いCD化を願うばかり。


K-REVIEW